ポコママ家が実践した夜泣き対策と参考にした本などを紹介します☆

ねんね 子育て
スポンサーリンク

泣き


赤ちゃんを迎えると高確率で開催されるイベントです。
どうしても泣き止まずに悩まされた人も多いと思います。

みなさんはどのように乗り越えましたか?

ポコママ
ポコママ

我が家でももちろん夜泣きイベントは開催されました(泣)

現在は生後1歳4ヶ月を迎えたポコちゃん

今では朝までに1.2回程目覚めてしまうものの
ギャン泣きはせずに添い乳で再び眠りについてます。

1.2ヶ月続いた夜泣きイベント

どのように乗り越えたのか

私が実践した夜泣き対策方法
実際に購入し参考になった書籍を紹介いたします^_^

参考にしてみてください♪

突如開催された夜泣きイベント

我が家は生後半年頃、離乳食が始まった頃から段々と昼夜のリズムが出来てきて
夜間の授乳の回数が減ってきました。

「何も教えてないのにこうしてリズムが出来てくるなんてすごいな〜」
なんて赤ちゃんの本能に感心していたのもつかの間

生後9ヶ月頃に突如として夜泣きイベントが開催されました(泣)

季節は真冬

ギャン泣きで体温爆上がり
泣き止まない我が子の対応であたふた

ポコママ
ポコママ

我が家でももちろん夜泣きイベントは開催されました(泣)

本やネットで得た知識を試す毎日

新生児期並みの細切れ睡眠に体力と精神の限界を感じていた私は、ネットで

「夜泣き 本 おすすめ」

と検索しました。

そしたら夜泣き関連の本が出るわ出るわ

ありすぎて何を参考にしたら良いのか分からず…

ポコママ
ポコママ

「これは実際に中身を見た方が早い」ということで本屋へ向かいました。

そこでいくつかの本を読み、手軽にすぐ始められる!と思って実践してみたことを紹介します☆

起きる時間を決める

その頃のポコちゃんは夜中変な時間に起きては1.2時間泣き叫んで
疲れて明け方にぐっすり寝始める毎日でした。

朝になって声をかけても目を開けない事がしばしばあり
そんな時は「無理に起こすのも可哀想だな」とそのまま寝かせていました。

ポコママ
ポコママ

この行動があまりよくなかったようです(汗)

まだまだ「夜は寝て、朝は起きる」ということがわかっていない赤ちゃんに
生活のリズムを知ってもらうために

夜寝かしつける時間が遅くなっても
「朝は決まった時間に起こす」

というのが重要なポイントになってくるようです。

朝はしっかり日光を浴びる

セロトニンとメラトニンというものをご存知でしょうか?

私は名前は聞き覚えあったのですが
意味は夜泣きに悩まされるまで知りませんでした。

セロトニンは、脳から分泌される睡眠ホルモンであるメラトニンの原料。メラトニンには、季節のリズム、睡眠・覚醒リズム、ホルモン分泌のリズムといった 概日リズム(サーカディアンリズム)を調整する作用がある。

https://www.ohara-ch.co.jp/meitantei/vol01_2.html

質の良い睡眠に欠かせず、夜に分泌量が増えるメラトニン

そのメラトニンの原料となるセロトニンは
日光を浴びることでつくられるのです。

当時は2月

寒さを理由にして
朝外に出て日光を浴びせることをしてきませんでした。

そこで、
朝決まった時間に起こして15分程度でも外に出て散歩をするようにしたところ
日中のお昼寝の時間も大体決まった時間にするようになり、徐々に生活リズムが整ってきたんです!

太陽の光

かなーり重要です!

ポコママ
ポコママ

朝一でカーテンをシャッと開けて
光を浴びさせるだけでも違うみたいです^_^

お散歩でほどよく疲労感を与える

朝の日光浴も重要ですが
日中のお散歩も大事^_^

活動的に行動して心地よい疲労感を与えることで夜はぐっすり!

それまで抱っこ紐で適当にテクテク歩いているだけでしたが
それからはベビーカーに乗せて30分〜1時間と長めに外出するようにしました。

ポコママ
ポコママ

そうすることで入眠にかかる時間が短縮されたような気がします^_^

カモミールティーで親子揃ってリラックス

ヨーロッパでは夜泣きをする赤ちゃんにはカモミールティーを与えるのが常識だそうで
ドイツでは新生児から飲ませてるそうです。

カモミールには「神経を鎮めてリラックス効果をあたえる薬草」と呼ばれるほど心身ともにリラックスさせる効果があります。
眠りを誘う催眠作用もあり、赤ちゃんがぐずっている時や眠る前に飲ませるとよく眠ってくれます。

https://cocomammy.com/baby-chamomile-tea/
ポコママ
ポコママ

ということで
藁にもすがる思いですぐポチりました(笑)

私は暖かいカモミールティーを
ポコちゃんには水で2倍程度に薄めたものを飲ませてみたところ…

私には効果抜群でした!

飲んでるそばからぼんやりと眠くなってくるほど、私にはリラックス効果抜群でした。

肝心のポコちゃんには効果があったのかは正直分かりません(汗)

ポコママ
ポコママ

でも、私がリラックス効果のおかげで
いつもよりもゆったりした気持ちで夜泣きに対応することが出来たので
ポコちゃんも安心出来たはず^_^

そう信じて、夜泣きが落ち着くまではカモミールティーを毎晩のように飲んでいました。

市販のものを飲ませるのは心配…という方にはこちらをオススメします。
赤ちゃんの夜泣き対策用にブレンドされたカモミールティーです。

お風呂から寝るまで 1.2時間のルーティンを作る

寝る直前の入浴はNG

だけど入浴から睡眠まで時間がかかってしまってもNGなようです。

よい睡眠のためにやってはいけない入浴
●寝る直前に入浴してしまうと、深部体温が高い=眠気が少ないうちに床に入ることになってしまい、結果として寝つきが悪くなることがあります。
●入浴してから2時間以上経ってから就寝すると、深部体温が下がりきってしまい、かえって寝つけなくなることがあります。
●40度以上の熱いお湯に浸かると、交感神経が刺激され、かえって目が覚めてしまいます。

https://www.google.co.jp/amp/s/mananavi.com/%25E8%25B3%25AA%25E3%2581%25AE%25E3%2582%2588%25E3%2581%2584%25E7%259D%25A1%25E7%259C%25A0%25E3%2581%25AE%25E3%2581%259F%25E3%2582%2581%25E3%2581%25AB%25E3%2580%2581%25E4%25B8%2580%25E7%2595%25AA%25E3%2581%2584%25E3%2581%2584%25E5%2585%25A5%25E6%25B5%25B4%25E6%2599%2582%25E9%2596%2593%25E3%2581%25AF%25E3%2581%25A9%25E3%2582%258C/amp/

赤ちゃんだけではなく大人にも共通で言えることですが
睡眠の1.2時間前に入浴するのがベストなようです。

入浴〜睡眠までの1.2時間のルーティンを決めてしまって
「これをしたら寝る準備するんだ」と覚えさせてリズムを作ってあげましょう。

光と音の調整をする

赤ちゃんの中にはちょっとの光でも反応する子もいれば
真っ暗だと怖くなってしまう子も
います。

無音だと不安になって
ちょっとした雑音があった方が安心する子も
います。

寝た時の状況と、夜中に起きた時の状況が変化していると怖くなって泣いてしまうものです。

  • 寝かしつけのタイミングでベッドライトを点灯しているのであれば、一晩中点けておく。
  • 静寂に不安を覚える子であれば
    お風呂場などの換気扇を一晩中つけて微かな雑音を流しておく。

とにかく、寝た時と同じ環境にしておいてあげることで
夜中に目が覚めてしまってもすぐに入眠出来るようになります。

色々なパターンを試してみて
その子が安心する環境を作ってあげるのが肝心です^_^

一定のリズムでひたすらトントン

赤ちゃんの背中をトントンすることを「タッピング」といい
指や手のひらをつかって軽く体を叩くことをいいます。

一定のリズミカルな刺激はこころを自然と落ち着かせてくれるもののようで

寝かしつけの際に背中やおでこをトントンすると安心します。

ポコママ
ポコママ

ただ、ポコちゃんの場合は
抱っこでゆらゆらしてる時の背中トントンは有効でしたが
寝かしつけの際には嫌がられちゃいました(汗)

イラっとしたら6秒数える

イライラのピークは6秒で過ぎる

というのを聞いたことありませんか?

寝かしつけや子育てに限ったことではなく
人間のイライラは6秒経てば鎮火してしまうのです。

そこで早速実践してみました。

夜中にギャン泣きして
抱っこや添い寝であやしながら
頭の中で
1.2.3.4.5.6

泣き止まない子に疲労が重なってイライラして
1.2.3.4.5.6

ギャン泣きに加えて強い腕力と蹴りで抱っこ拒否されて
1.2.3.4.5.6

ポコママ
ポコママ

気が付いたら何時間もエンドレスでカウントしてました(笑)

6秒数える方法は
瞬間的にイラっとした時には有効だと思います。

が、長期戦になった場合はこの手は通用しないかもしれません(汗)

焦らずに気長に対応する

ママパパの機嫌をいち早くキャッチする赤ちゃん

イライラしてると途端に不安顔になったり泣き出してしまいます。

  • 赤ちゃんはこういうものだから
  • この子の長〜い人生のうちの数ヶ月だけのことだから
  • これも成長の証だから

そう言い聞かせてドッシリと構えて対応すれば大丈夫!

ポコママ
ポコママ

ママパパがニコニコしていれば赤ちゃんも安心して入眠してくれるものですよ^_^

無理矢理にでも口角を上げる

疲れちゃってどうしても笑えない時に有効なのが
とにかく口角を上げること!

イライラしちゃってても
無理矢理にでも口角を上げていれば
脳が「あ、楽しいんだな」と勘違いして

幸せホルモンの「セロトニン」が分泌され
副交感神経が刺激されてリラックス出来るんです^_^

参考にした書籍を紹介

赤ちゃんが夜早く、長く眠る かんたん☆ねんねトレーニングBOOK

なるべく泣かせず、時間をかけてゆっくり進める「ゆるゆるねんトレ」
パパと協力して行う、最短2日で完了する「スピードねんトレ」
具体的なやり方が書いてあります。

自分の子育て環境に合うねんトレ方法を選択出来るのが嬉しいポイントですね ^_^

大体1歳前後の子を育てているママを対象にした本で

赤ちゃんの眠りのしくみから、寝かしつけのコツ、東洋医学をもとにした夜泣き対策などが紹介されています。

160ページほどの本で、読みやすい文体にイラストがたくさん使われているので
子育ての合間だけでも2.3日ほどでサクサクと完読出来ました。

基本的にはねんトレの本ですが、根本的な部分で「赤ちゃんだけじゃなくてママも楽になること」を目的としている内容で

寝かしつけが上手く出来ずに
自己嫌悪に陥ったり、自信を無くしてしまっているママにはとても優しい本だと思います^_^

ポコママ
ポコママ

ネット上での口コミをいくつか紹介します。

リラックスが必要なすべてのママヘ……

こちら「かんたん☆ねんねトレーニングBOOK」は育児書であって育児書ではありません。

たしかに前半は赤ちゃんにぐっすり眠ってもらうためのレクチャーなどがありますが、全体を通してとにかく「ママにリラックスして欲しい」という著者の想いが伝わってきます。

ママ(パパも)心身ともに健康であれば、子育ては必ずうまくいく!!ということを具体的な実践を交えて紹介してくれています。

子どもを育てるということは未来を育てていること。

赤ちゃんとともに親も成長している、という当たり前のことに気づかせてくれる一冊。

「ねんね」だけではなく「子育て全般」に悩みがあるすべての方に手に取っていただきたいです。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1MTT92UM44YIG/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4534055641

夫の方が意欲的に取り組んでくれた

新生児からこれまでなかなか寝ない子で添い乳で寝かしつけてきましたが、最近の夜間頻回に起きるのと頻回授乳に母体が耐えきれなくなりこの本を購入しました。
本当にこの本に出会えてよかったです。
夫も一緒に読みました。母の気持ちや他の育児書名著のエッセンスもうまくまとめたりされているので夫の理解も早く得られました。
また理解があったおかげで夫の方が意欲的に取り組んでくれたのも大変助かりました。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3REHYMP10S7YN/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4534055641

しゃべれない赤ちゃんの気持ちが知れた気分です!

すごく参考になりました!

しゃべれない赤ちゃんの気持ちが知れた気分です。

赤ちゃんが泣く=だっこしなきゃというのが、
あたりまえな人がほとんどだと思います。

しかし、そんな常識をくつがえされました。

赤ちゃんが泣いたら、
『泣かないで!』とか『泣きやませよう!』
とゆう気持ちのママに、
寄り添ってくれる、大丈夫と優しく、安心感を与えてくれる本です。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RHHI6VTM8VR2Y/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4534055641

ママと赤ちゃんのぐっすり本「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」解決ガイド

0ヶ月〜5歳頃までの子を育てるママを対象にしています。

それぞれの月齢の

  • 活動と睡眠の特徴
  • 月齢あるある
  • 寝かしつけのコツとスケジュール
  • ねんねのQ&A
  • いずれひとりで寝られるために セルフねんねの種

が記載されています。

ねんねトレーニングをしなくても
睡眠の土台がしっかりしていれば自然とセルフねんねが出来るようになる、ということを提唱していて

ねんトレの方法よりも
環境や生活リズムのアドバイスがふんだんに盛り込まれています。

理想的な一日の流れを記している「ぐっすりスケジュール」も
基本的には19時に寝るのが理想ですが
遅くなってしまったらこちらのスケジュールを参照にしましょう
というように、2パターン記載されています。

ねんトレの方法も少し載っており
「2週間ほどかけて徐々に子どもとママパパの距離間隔をあけていく」方法になっています。

200ページほどの本です。

赤ちゃんがぐっすり眠れるための土台作りの知識がとても役に立ちました。

  • うちの子の月齢だと昼寝って何回やってどのくらい寝るのが普通なんだろう
  • 一般的にこの月齢だとどんな特徴があるんだろう

というように、月齢別の平均的な数値を知る事が出来て
日中過ごす上での目安になりました。

ポコママ
ポコママ

ネット上での口コミをいくつか紹介します。

出産前に一度、出産後の落ち着いた時に一度、読むべき一冊です!

赤ちゃんの睡眠のリズムが月齢によって違うこと、赤ちゃんの体感温度と眠りの密接な関係等、驚く内容が多かったです。またその内容の一つ一つが科学的な根拠を元に説明されているので、子供(生後3ヶ月)に試してみると、夜の睡眠と、日中の朝寝・昼寝・夕寝がしやすくなりました!まだまだ変化が多いと思いますが、読み返して子供のねんねに役立てたいと思います。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RQFQ54B39OGAW/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07DHLP3YJ

一歳一ヶ月、2時間おきだった夜間授乳から夜間断乳へ

めんどくさいことが嫌いな私ですが、本書に載っている寝る環境だけでも整えたら、初日で効果がありでした。
あんなに泣いて欲しがってたおっぱいは二の次で、抱けば寝てくれるようになりました。(でも2時間おき)
4日目からは19時から6時近くまで寝てくれました!すすすすすごい。
今はしばらく忘れてた夜の読書を楽しんでいる日々です。
途中、泣いて起きることもありますがすぐに寝ついてくれます。
また、泣いたときに抱き上げなくてもトントンだけで寝るようになりました。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RGUB2T6XX9BPJ/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07DHLP3YJ

この本のおかげで息子も私もにこにこ

赤ちゃんの睡眠について深く知ることができ、3ヶ月半で最初の睡眠退行をむかえた時も落ち着いて対処できました。睡眠の仕組みが分かっているので、何か上手くいかない時があっても、臨機応変に対応出来るようになり、本当に良かったです。
他の本と大きく異なり、スケジュールを決めていくのは6ヶ月頃からと遅いですが、実際にそのあたりから自然とスケジュールが決まってきたので、無理に合わせる必要はありませんでした。赤ちゃんに寄り添った子育てができます。
しっかり眠れている赤ちゃんは穏やかで、集中力もあると思います。私が楽しく子育てをできているのは、そのおかげがとても大きい。ぜひ沢山のご両親に読んでいただきたいです。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3L2KRA3M1W6O9/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07DHLP3YJ

上手に向き合ってママも赤ちゃんも安眠しよう

赤ちゃんの夜泣きや疳の虫は一時的なもの

いつかおさまるものだと割り切って上手に付き合っていくのが
一番の近道かもしれませんね^_^

赤ちゃんだけでなく、ママ自身の心身も労わりながら乗り切っていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました