【レビュー】生後4か月の息子に『リッチェル いきなりストローマグ』を与えて1週間|11か月現在の様子を追記

マグ 子育て
スポンサーリンク

こんにちは。ポコママです^^
2018年5月に第一子となるポコちゃんを産み、子育てに奮闘中の新米ママです。

ポコママブログでは、私が経験したり調べたりして得た知識を書いていきます☆
まだまだブログもママも初心者ですので暖かい目で読んでいただけたら嬉しいです。

今回は『トレーニングマグ』
特に私が購入した『リッチェル アクリア いきなりストローマグセット』についてお話していきます^^

トレーニングマグって何?

乳首や哺乳瓶からしか水分を摂ったことがない赤ちゃん

ストロー飲みやコップ飲みが出来るように練習するためのマグです。

飲み口の種類がいくつかあり
一般的になる以下のように順を追って練習していきます。

①哺乳瓶のような乳首の形状のもの

まずは「マグ=飲み物を飲むもの」と覚えて
マグを持って飲む練習をします。

②スパウトという大きいストローのような形状のもの

よりストロー飲みに近い口の形で飲むことができます。

③ストロー

市販のストローとは違い 赤ちゃんが咥えやすいように柔らかい素材で出来ているものです。

適応月齢やお手入れ方法はメーカーによってバラバラ

ほとんどのメーカーはマグへのファーストステップとして乳首形状の飲み口を提案していますが適応月齢はバラバラです。

3ヶ月以降に乳首型の吸い口から始めて 8.9ヶ月頃にストロー飲みが完了
という流れが多いようです。

アクリア いきなりストローマグセット 商品紹介

私が購入した「 アクリア いきなりストローマグセット 商品紹介」とはどんな商品なのでしょうか?

適用月齢やお手入れ方法などの紹介をします。

自宅での練習用マグとお出かけ用マグがセットになったお得な商品

自宅で初めてのストロー飲みの練習に使える「コップでマグ ストロータイプ」
お出かけする際に持ち運びができる「おでかけストローマグ」がセットになったものです。

●コップでマグ ストロータイプについて

適用月齢:6ヵ月頃~

はじめてのストロートレーニングに使用できます。

フタを押すと飲み物がストローから出てくる仕様になっており、赤ちゃんのおくちに飲み物が入る動作を繰り返すことでストロー飲みが覚えられる仕組みになっています。

パーツが少なくてお手入れも簡単^^

①使い始めは大人がサポート
②上手に吸えたら自分でストロー
③ストロー飲みをマスターしたらフタを外してコップとしても使える

容量:190ml(最大目盛り容量150ml)
消毒:煮沸・レンジ・薬液
食器洗い乾燥機OK

●おでかけストローマグについて

適用月齢:7ヵ月頃~
ガラスのような透明感・軽くて丈夫・BPAフリーの新素材 「トライタン」を採用しています。

お出かけ先での水分補給に^^

容量:260ml(最大目盛り容量200ml)
消毒:煮沸・レンジ・薬液(一部を除く)
食器洗い乾燥機OK
※他に、大容量の320ml(最大目盛り容量380ml)のものも販売有り。

その名の通りストローマグのみ

乳首もスパウトもありません。
まさに「いきなりストロー」です。

本当に飲めるの?と最初は半信半疑でした。

ポコママ
ポコママ

商品レビューを見ると
「手に持たせたり遊ばせてるうちに気付いたらストローで飲めるようになっていた」
という声が多かったので前向きに検討するよいになりました。

最終的にいきなりストローマグを選んだ理由

トレーニングマグはいつから始めると良いのか?

メーカーによって適用年齢はさまざまなので一概には言えません。

私が調べた中で一番早い時期から使えるトレーニングマグは
ピジョンのマグマグベビー(3ヶ月〜)でした。

3ヶ月を過ぎた辺りからトレーニングマグを調べて比較する毎日

どのメーカーのものもとても魅力的なポイントもありますし
口コミを見ると悪い点ももちろん書かれていて毎日毎日悩んでいました。

悩みに悩んだ末にリッチェルの『アクリア いきなりストローマグセット』を購入した理由はこちらです^^

①(当然ですが)ストローで飲めるようになるまでこれ一つでOK

②これ一つでOK→色々揃えなくて済むからお財布にも優しい

③パーツが少なくて分解・組み立てが簡単

④本体もフタもストローパーツも煮沸・薬液・レンジ消毒OK食洗機もOK

⑤フタを外せばコップとして使用出来るから長く使える

主にこんな感じです^^

お手入れが簡単で経済的という部分が特に魅力的でした。

「おでかけストローマグ」はパーツの数が多くなり、消毒方法が限られるパーツもあります。

生後#5か月に満たない息子は吸うことが出来るのか??

いきなりストローマグの対象月齢は6か月~となっています。

ただ、離乳食が始まる頃には少しでも吸って飲めるようになっていて欲しいという思いがありました。

約1週間後に生後5か月を迎える我が子に湯冷ましを入れて試してみることにしました。

結果…

普通にハンドルを握って自力で吸いました(笑)

普段から自分の細い指をちゅぱちゅぱしたり、オモチャをカミカミなめなめしているからなのか

ハンドルを握って自分の元にたぐり寄せてストローを咥えて自力で吸いました。

ただ、吸い上げたものを全て飲み込むことは出来ないのか
9割口から漏れていました(笑)

いきなりストローマグはフタにある『PUSH』ボタンを押すとストローから中身が出る仕組みになっていて

赤ちゃんに『ここから液体が出るんだな』と理解させることが出来るのものなのですが必要ありませんでした(笑)

1週間トレーニングしてみた結果

初っ端から上手に吸い上げた我が子はどの位の期間でストロー飲みをマスターするのか

初挑戦から1週間の時点では
まだまだ飲むことは上手に出来ず吸ってるそばからダラダラと漏らしていました。

しかしごくごくと飲む動作もしています。徐々に漏れる量も減ってきました^^

この調子でいけば本来の適用月齢である6か月にはマスター出来るはず!

子供の能力には本当に驚きますね。

「出来ないかも~」と思っていても
いざ試したら「出来た!」なんてことも沢山あります。

適用月齢にこだわらずに
まずは進んでチャレンジさせることが大事なんだと実感しました。

初挑戦から半年以上経った現在

ストロー飲みに初めて挑戦してから半年以上経った現在ではどんな様子なのでしょうか。

生後5ヶ月の時点ではダラダラとこぼしていたストロー飲みも日を追うごとに上手になっていき
半年を過ぎた辺りからお出かけの時にも持ち運ぶようになりました。

ただまだ少し漏れてくるのでタオルで抑えながら飲ませるようにしていました。

生後8ヶ月頃

飛行機に乗って帰省するタイミングで、ストロー飲みはまだ少し漏れるので頂き物のピジョンのマグマグスパウトを試しに咥えさせてみました。

しかしストロー飲みに慣れてきたからか、スパウトから飲むことは一切出来ませんでした。

耳抜きがまだ出来ない赤ちゃん

飛行機の離着陸時にはマグで飲み物を何とかして飲ませたいと考えていたので
口から漏れる心配はありましたが、おでかけストローマグを持って行きました。

生後11ヶ月頃

10ヶ月前後の頃には気付いたらほとんど漏らす事なく飲めていました。

11ヶ月現在では全然漏らしていません。

もう要らないと判断したら自ら口を離して拒否します。

たまにマグ本体を振り回したり舐め回したりもしてますが乱暴な扱いを受けても壊れる事なく使い続けています^^

今では家の中でも「おでかけストローマグ」の方を使っています。

追加で「コップでマグ 直飲みタイプ」を購入したので、今度はコップ飲みの練習を始めようと目論み中です!

コップでマグシリーズをオススメする利用

ストロータイプも直飲みタイプも
コップでマグは練習するには最適だと思います。

ストロータイプはフタを押して量を調整出来るし
直飲みタイプは飲み口に溜めてスプーン飲みのような感覚で飲ませることが出来ます。

家の中だけで使う練習用マグなんて
飲み方をマスターしたら必要無くなるのでは?とお思いでしょう。

ポコママ
ポコママ

コップでマグシリーズは
上蓋を外せば普通のコップとし利用出来るので 結果的にはトレーニングマグより長く使えますよ!

さいごに

小児科の先生と相談し離乳食は6ヶ月を迎えてから開始しました。

5ヶ月を迎える前からストロー飲みを練習した結果
離乳食を始める頃には吸い上げた量の半分くらいは上手に飲む事が出来るようになっていました。

離乳食後の水分補給は口の中の食べカスを流してくれるので虫歯予防にもなります^^

他のメーカーではストローマグの適用月齢を7〜9ヶ月頃に設定しています。

いきなりストローマグで早めに練習をすることで 7〜9ヶ月を迎える頃にはだいぶ上手に飲めるようになっていました。

リッチェルのアクリア いきなりストローマグセット 個人的にはかなりオススメです^^

トレーニングマグで悩んでいる方
少しでも興味持ってくださったら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました