数種類の家計簿の使用経験をもつ私が それぞれのメリットデメリットと 辿り着いた家計管理方法を紹介

家計簿 生活
スポンサーリンク

こんにちは。ポコママです^^
2018年5月に第一子となるポコちゃんを産み、子育てに奮闘中の新米ママです。

ポコママブログでは、私が経験したり調べたりして得た知識を書いていきます☆
まだまだブログもママも初心者ですので暖かい目で読んでいただけたら嬉しいです。

今回は『家計簿』についてお話していきます^^

家計簿は何のために必要か?

みなさん 家計簿はつけていますか?

私は5年前に結婚してから毎月つけています。

最初の3年間は市販の家計簿を購入して記帳していましたが
次の1年は大学ノートにオリジナルの家計簿を作成し
現在は市販の家計簿とアプリを使用しています。

家計簿は何のために必要だと思いますか?

①月々の収支額を把握

家賃 駐車場代 光熱費 保険代 食費 外食費 交際費 消耗品費 ネットショッピング費
ベビー用品代 今後は学費などもかかってきますね(汗)

それぞれにいくらかかって残高はどの位なのか?

家計簿の目的は大体コレでしょう。

②年間を通してのお金の動きを把握

駐車場 保険料など月々定額のものもありますが
光熱費や交際費は時期などで増減しますよね。

光熱費は1年前の金額を見ることで

今月はどのくらいかかりそうか?
昨年よりどのくらい増減しているか?

など見比べることが出来ます。

③無駄な部分を把握

今月はだいぶ食費がかかった
消耗品費がかかった
こんなに買わなくても良かった

など 月々の無駄遣いを把握することが出来ます。

無駄遣いを具体的な金額で可視化することで 気を付けるべき点がハッキリします。

④月間年間のトータル収支額を把握

広い目で収支を把握し 赤字なのか 黒字なのか
この期間でどのくらい貯蓄出来たのか

何年も記帳し続ければ
1年だけでなく数年単位で把握することが可能です。

⑤先の出費に備える事が出来る

ローンの支払いや子供の学費など
お金の動きが判ればある程度予測出来る出費に備える事も出可能です。

◯ヶ月後に◯◯円くらい必要になるから
今月から◯◯円ずつ用意しておけば慌てなくて済むな

と具体的な数字を出す事で気持ちにゆとりも生まれます^^

これまでに試した方法を紹介

家計簿をつけ始めて約5年近くになります。
これまでにいくつか方法を試した。
それぞれのメリット デメリットを書いていきます^^

市販の家計簿①

クツワ ミッフィー 家計簿 MF059YE イエロー(出典:Amazon)

※現在は製造していないのか、商品ページがありませんでした。

主な内容は以下のとおりです。

・マンスリースケジュール
・月間収支
・週間収支(見開き1週間)
・贈答品控え
・記念日メモ
・家族のサイズの覚え書き
・クレジットカード利用控え
・クレジットカード年間利用金額
・医療費の控え
・家族別医療費の合計
・年間医療費
・ボーナスの控え
・ローン、借入金の控え
・年間収支一覧、グラフ欄
・1年間の家族別支出合計
・カバーにファスナーポケット付属

見開きで一週間分の支出を記入することができます。
記入スペースが大き目なので見やすいです。

毎日何かしらの支出がある方は使いこなせると思いますが
主に週末しかお金を使わない我が家はスペースを持て余してしまいました。

「見開きで一週間」ということは「一ヶ月で8〜10ページ」という計算になります。

一ヶ月の各項目の支出額を計算するために何度もページをめくらないといけないのが面倒に感じました。

贈答品費 医療費 ボーナスなど控える項目がたくさんあって素敵なのですが
私には使いこなすことが出来ませんでした。

使いこなせない原因は我が家の財布事情にあると思います。

我が家はお互いの収入を一つの財布で管理している訳ではなく お互いに毎月定額を家族用の口座に入金しています。
そこから毎月 食費 光熱費 家賃 駐車場代 保険料など「家族で必要なもの」のみ出費しています。

医療費 交通費 買い物代 携帯代 クレジットカード引き落としなど
個人で利用するものに関しては それぞれ自分の財布で管理してます。

そうなると ここまでの細かい項目が不要になってしまうのです。

もう少しシンプルなものを探すことにしました。

市販の家計簿②

主な内容は以下のとおりです。

・年間目標
・.日ごとの収支一覧表
・月間収支一覧表
・年間収支一覧表
・項目別控え、メモ
・CPP製ブックカバー付属

自分でムダ遣いをしてしまったと思ったらチェックしておくことができます。
ムダが簡単に見えてくるので 自然と家計の分析が出来て 節約しようという気持ちになります。

前回のものよりだいぶシンプルになりました。

見開きで月間の支出を把握することが出来るので月末の計算もだいぶ楽になり数年継続していました。

しかしこのムダが見える家計簿
肝心のムダをチェックする部分を上手く活用出来ていませんでした。

ムダを意識していると
食費や必要最低限の消耗品費以外は全てムダに見えてきてしまいました。

必要だったから購入したものでも「もう少し安く済ませる事が出来たんじゃないか」「本当に今必要だったのかな?」などと考えてしまうし
甘いものが好きな我が家では買い出しや何処か出かける度に甘いものを買ってしまうのですが
そんな一つの楽しみでさえ「買わなくても我慢出来たんじゃないか」と考えてしまうようになっていました。

たしかに節約を意識することは出来ます。
しかし意識し過ぎて心のゆとりが無くなってきてしまいました。

これはあくまでも私の性格が原因なので 皆さんがこうなる訳では無いのですが
それ以降「お金が貯まる」「節約できる」と謳っている家計簿は手に取らないようになりました。

このタイプの家計簿を使わなくても貯金は出来ています。
貯金や節約が出来る出来ないは家計簿ではなく その人自身の意識で決まると思います^^

大学ノートで手作り家計簿

結局自分の好きな事だけを記入しようと思い ノートでオリジナルの家計簿を作成しました。

・.日ごとの収支一覧表
・月間収支一覧表
・年間収支一覧表

これに加えて
・過去4年間の収支一覧表
・家用の銀行口座&財布の収支一覧表
・子供用の銀行口座&財布の収支一覧表
を作成しました。

なんでもとにかく一覧にして
前月や前年と比較して支出が多ければピンクマーカー 少なければ青マーカーと色分けして
直感的に把握出来るように工夫しました。

とても満足して使用していたのですが
これも長続きはしませんでした。

ちょうど出産した時期でもあり
ゆっくりとページを作成して記入して見直して と振り返る余裕がありませんでした。

市販の家計簿③&家計簿アプリのW使い

現在はこの方法に落ち着いています。

使用している家計簿とアプリはこちらです。

家計簿 簡単お小遣い帳 - 人気の家計簿アプリ

家計簿 簡単お小遣い帳 – 人気の家計簿アプリ

RAN CHEN無料posted withアプリーチ

見開きの2ページで一ヶ月の収支管理が出来ます。

一冊で22ヶ月分記入できるので
18ヶ月分は通常通り家用の銀行口座と財布の管理をして
残りの4ヶ月のスペースで子供用の銀行口座と財布の管理をしてます。

支出項目は食費は予め設定されており
あとの4項目は自由の設定できます。
合計で5項目しかないので もっと細かく本格的に家計簿をつけたい人には向いてないと思います。

アプリもシンプルで直感的に操作できます。
家計簿のほかにアプリを使用している理由を紹介します。

①計算の正確さ(機械なので当然ですが)

家計簿は断然手書き推しでした。
試験勉強などで「書いて覚えろ」とよく言われませんでしたか?
手で金額を書いていくことで しっかりと収支の傾向を掴むことが出来るからです。

ただ人間なので計算ミスはあります。

なのでアプリに一旦金額を入力して出た合計額を家計簿に書き込んでいくようにしてます。

繰越し額と収入を足して
そこから固定費と光熱費を引いたのが今月の予算で
各項目の合計が今月の支出で

など家計簿は計算だらけです。
どこか一箇所 数円でも入力間違いがあると全ての額が芋づる式でズレてきます。

機械に任せるのが一番です(笑)

②過去数年の動きをグラフで可視化

去年の電気代はどうだったかな?
あの時いくらかかったっけ?

金額を比較したくなることはありませんか?

1年毎の家計簿だと他の年の金額を調べるのに別の家計簿を引っ張り出さないといけません。

アプリで入力しておけば 指先ひとつですぐに確認できます^^

③出先でサクッと入力

自販機で飲み物を買ったり この買い物の時は旦那さんが◯◯円出してくれたなど

そもそもレシートが無かったり レシートの金額が全てで無かったりイレギュラーな事態も起きます。

そんな時でも忘れないうちにその場で入力出来ます。

家計簿に何を求めるか

今までに試してきた方法を紹介してきました。

それで分かったことは家計簿を利用して何を管理したいのか?

我が家は家用と子供用にそれぞれ銀行口座と財布(小口)を設けています。
①それらの収支全てを一冊で簡単に管理したい。
②結婚してから今までの光熱費の動きをグラフで可視化したい。
③食費 外食費 消耗品費など 小口の各項目の金額も管理したい。

これらの要望を満たすために かんたん家計簿とアプリを併用しています。

家計簿をつけてみようとお考えの方
家計簿をつけているけど上手く使いこなせないと感じている方

自分が管理したい項目をはっきりとさせて
それに合った内容の家計簿を見つけることが重要ですよ^^

さいごに

市販 オリジナル アプリと試しましたが
それぞれに特徴があり コレが絶対良い ということはありません。

色々試してみるのも良いですが 何が良いのかも判らないと迷子になっている方は
まずはシンプルなものから試してみてはどうでしょうか?

私が現在使用しているかんたん家計簿は自由度が高くてオススメです!

毎月記入していくうちに もっと◯◯を記入する欄があれば良いのに ◯◯を把握したいんだけどな と考えが出てくるはずです^^

上手にお金を管理して 心に余裕のある生活を送りましょう♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました