ベッドライト(授乳ライト)の紹介 出産準備に購入しておけば良かったと思うくらいオススメアイテムだった

ナイトライト その他
スポンサーリンク

こんにちは。ポコママです^^
2018年5月に第一子となるポコちゃんを産み、子育てに奮闘中の新米ママです。

ポコママブログでは、私が経験したり調べたりして得た知識を書いていきます☆
まだまだブログもママも初心者ですので暖かい目で読んでいただけたら嬉しいです。

今回は『VAVA ナイトライト』についてお話していきます^^

購入のきっかけ

妊娠中から聞いていた「3時間おきの授乳」

フタを開けてみると「3時間どころじゃなかった」というのは私だけじゃないはずです(汗)

空腹や不快感によってしょっちゅう起きてしまう赤ちゃん。

寝室の電気を点けてしまうと旦那さんが完全に目が覚めてしまうため
隣の部屋(リビング)に移動して電気を点けてから
オムツは濡れてないか
汗はかいてないか
お腹は空いてないか
など慣れない育児に悪戦苦闘しながらお世話していました。

リビングの照明には白熱色のLEDライトを使用しています。
温かい色味とはいえ、寝ぼけている赤ちゃんと私の脳みそを覚醒させるには十分な明るさです。
この明るさの中で一通りのお世話をしてから寝かしつけて再び暗い部屋に戻る、、、という動作を一晩に数回繰り返していました。

少し寝ては明るい部屋でお世話して、、、というサイクルを繰り返しているうちに
何か夜のお世話にぴったりのアイテムは無いのかと思い辿り着いたのがこの商品です。

ベッドライトをお探しの方や購入を検討している方の参考になればうれしいです^^

最初は家にあった物で代用

妊娠前に夫婦でキャンプをする際に使用していた 小さいLEDランタン
テントの中を照らすために使用していたものです。

「キャンドルモード」にすれば暖色系の灯りがゆらゆらと揺れて
まるでロウソクの灯りのようになります。

このキャンドルモードの中でお世話をすれば
おっぱいを飲みながら徐々に眠くなってくれるようで寝かしつけがだいぶ楽になりました。
私も授乳の最中からウトウトしてきて 入眠しやすかったです^^

ポコママ
ポコママ

ただこのLEDランタンだと不便だと感じる点もいくつかありました。

暗い部屋の中での操作
このランタンは中央のボタンを何度か押さないと灯りが点きません。

その前にギャン泣きする我が子を抱えながら暗い部屋でこのランタンを見つけ出すのが大変でした。

普段であればこのくらいの動作でイライラすることも焦ることもないのですが
慣れない育児でどうしてもテンパりやすくなっています。

なかなかの負担に感じてしまいました。

②電池切れ

次に心配していたのが「電池切れ」です。

今後いつまで続くか分からない夜のお世話

1泊2泊程度のキャンプなら問題ないのですが、、、これは充電式のものが欲しいと思いました。

VAVAナイトライト 商品紹介

キャンプ用のLEDランタンで夜間のお世話を凌いでいくうちに
自分が夜間用ライトに何を求めているのか明確になりました。

サイズなど

(出典:Amazon)

本体の高さは11.7センチ
充電ベースを含むと12.8センチ

横幅は一番広いところで9.3センチ

重さは231g

とてもコンパクトで軽いです。

丸い造りになっているので 赤ちゃんが突進してぶつかっても大怪我になる心配はありません。

LEDライトで場所をお知らせ

(出典:Amazon)

本体のロゴの上部にある小さいLEDライトが暗い部屋でも場所を教えてくれます。

充電が無くなってくると青から赤に変わってお知らせしてくるので
充電をし忘れる心配もありません^^

簡単なタッチ操作

(出典:Amazon)

①オンオフの切り替え
指先ひとつで点灯させることが出来るので ギャン泣きしている赤ちゃんを抱っこしたまま操作できます!

②調光も指先ひとつで簡単に
オムツ交換は少し明るめに 授乳中は灯りを絞って など目的によってスムーズに使い分けることができます。

③選べる色温度
白色と暖色 色温度も指先ひとつで選べます。

④1.5時間のタイマー設定
優しい灯りで赤ちゃんを包み込み 寝静まった頃に灯りが消えます。

授乳中に設定しておけば うっかり赤ちゃんと寝てしまっても 「灯りを付けっ放しにしちゃった」ということがありません。

フル充電で最大200時間使用可能

(出典:Amazon)

USBで充電します。
連日 夜のお世話で使用してもたっぷり数日持ちます^^

熱くならないから赤ちゃんが触れても安心

(出典:Amazon)

本体が熱を持たないので 好奇心旺盛な赤ちゃんが触っても火傷の心配はありません。

防水機能でアウトドアにも◎

(出典:Amazon)

あまり関係ないと思われるかもしれませんが
意外と大事な防水機能

近くに置いてあるミルクなどがこぼれてしまうかもしれません。
夏には除湿機 冬には加湿器 水は意外と近くにあります。

防水機能があるとアウトドアにも便利ですね。
近い将来 家族でキャンプへ行った時に活躍しそうです!

 動画で操作性をチェック

アウトドアから赤ちゃんにも使えるベッドサイドランプ VAVA「BABY NIGHT LIGHT」

実際に操作しているところをYouTubeにアップしている方がいましたので 気になる方は是非チェックしてくださいね^^

実際に使用してみた感想

こちらのナイトライトにしてからは夜のお世話が楽になりました。

夜中にポコちゃんがふぎゃふぎゃ言い始めたら抱っこしてポポンとタッチ

ライトを持ってオムツのチェックと交換
ソファの側に置いて間接的に灯りが当たるようにして授乳
落ち着いてきたらタッチで消灯して抱っこで寝かしつけ→そのまま寝床へ

以前はモタモタしているうちに泣き方が激しくなって 旦那さんも起きてきてしまったのですが
このライトにしてからは 慣れもありますが 激しくなる前に授乳体勢に入る事が出来るようになり 夫婦共に負担が軽減しました^^

さいごに

生後10ヶ月の現在では
夜中に軽く泣き始めたら 即座に添い乳かおしゃぶりで落ち着かせるという方法をとっているので
このナイトライトの出番はほとんどありません。

でもベッドサイドには置いています。
赤ちゃんのお世話のためだけでなく地震などで灯りが必要になった時のためにも あれば安心です。

オススメポイントは長く使えるところ

デザインがシンプルなので 赤ちゃんが大きくなったらインテリアとして部屋に置いても良いですね^^

アウトドアにも使えそうなので
我が家の場合は数年ごにキャンプで活躍してくれそうです♡

こちらの商品は新型も発売されています。
購入を検討中の方は見比べてみてください。
操作性は殆ど変わりませんが 見た目が少し違うし 本体の色も新型の方が種類があるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました